丸山耳鼻咽喉科医院 みみ・はな・のど

神戸市中央区の耳鼻科,アレルギー性鼻炎,花粉症 丸山耳鼻咽喉科医院

〒651-0078 兵庫県神戸市中央区八雲通3丁目3-15 八雲ビル115.116
TEL 078-221-1303
時間予約サービス
ドクターズ・ファイル
ドクターズ・ファイル

※一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

花粉症・アレルギー性鼻炎

●春の花粉症(スギ・ヒノキ)シーズンが始まりました。
例年2月中旬前後に始まる春の花粉症のシーズンがいよいよ到来しました。
一人一人に合った治療で快適な春を取り戻しましょう!!治療のコツはこちら⇒

●シダトレンは、2021年3月31日で販売が終了します。
これからスギ花粉症の舌下免疫療法を開始なさる方は、シダキュアの治療になります。

●スギ以外にもご注意!
花粉症の季節は終わったのに、目がかゆい、鼻がかゆい、くしゃみ鼻水鼻づまりで困っている・・・。そんな方は、イネ科の雑草の花粉症かもしれません。アレルゲンは1種類だけではありません。気になる方はご相談を。

●スギ花粉症に対する舌下免疫療法の受付は6月~12月の間です(10月中がベストでしょう)
スギ花粉症に対する舌下免疫療法は6月から12月の間にのみ開始します。それ以外のシーズンには開始はできません。開始に当たり、診察とスギが抗原であることの確認のための検査が必要です。血液検査データをお持ちの方はデータをご持参ください。当院での検査を省略できるかもしれません。

●春の花粉症(スギ・ヒノキなどのアレルギー性鼻炎)に対する鼻粘膜レーザー焼灼術について
今年の春の花粉症に対するレーザー治療は終了しました。
来シーズン(来年の春)の花粉症のためのレーザー治療は、今年の10~12月に行います。
通年性の鼻炎に対するレーザー治療は適宜行っております。ご相談ください。

 

医療関連のリンク集⇒こちら
レーザー治療⇒こちら


●シダトレンは、2021年3月31日で販売が終了します。
これからスギ花粉症の舌下免疫療法を開始なさる方は、シダキュアの治療になります。

●アレルギー性鼻炎の舌下免疫療法
スギ花粉症に対する舌下免疫療法は1月になると治療の開始はできません。
治療の開始が可能な時期は6月~12月です。
新たに治療をご希望の方は6月以降にご予約をください。

 

舌下免疫療法について
  剤型

単位
使用法
1日1回
服用後5分うがい食事禁止
増量法 年齢
管理法
スギ 錠剤
シダキュア
2000 JAU
5000 JAU
舌下1分⇒嚥下 2000 1週間
2週目から 5000
5歳以上
65歳未満
室温 保存
液体
シダトレン
200 JAU/ml
2000 JAU/ml
1日1回
舌下2分⇒嚥下
1週目 ボトル① 200
漸増(1-1-2-2-3-4-5)
2週目 ボトル②2000
漸増(1-1-2-2-3-4-5)
3週目~パック 1個
12歳以上
冷蔵保存(2~8℃)
ダニ 錠剤
ミティキュア
3300 JAU
10000 JAU
舌下1分⇒嚥下 3300 1週間
2週目から 10000
5歳以上
65歳未満
室温 保存
錠剤
アシテア
100 IR
(19000 JAU相当)
300 IR
(57000 JAU相当)
舌下2分⇒嚥下 1日目  100
2日目  100×2錠
3日目~ 300
5歳以上
65歳未満
室温 保存
注意事項
※初回は内服後30分間医師の監督下にいること
※5歳未満は安全性など不明、65歳以上は効果不明。3年以上推奨。
※妊娠中、授乳中は開始できない ⇒ 開始してしまえば妊娠中、授乳中も継続可能
投薬前後2時間は激しい運動・アルコール摂取・入浴など血流変化を避ける
※スギの舌下免疫療法はスギ花粉飛散中は開始できない⇒ 当院では6月~12月に開始
※維持期に中断した場合:2週までは維持量再開可能。4週以上は初めからやり直し。
⇒個々の条件により異なるので医師の判断による
この治療を受けられない方:重症喘息
当院では原則舌下免疫療法を行わない方(場合により可能な方)
喘息
重症心疾患/重症呼吸器疾患/重症高血圧
非選択的ベータ遮断薬・ACE阻害薬(高血圧狭心症、心筋梗塞、心不全、不整脈の治療中)
三環系抗うつ薬・MAO阻害薬(精神疾患の治療中)
治療中に原則休薬すべき時
喘息症状が出ている時
体調が悪い時(インフルエンザや風邪などの時)
抜歯後など口腔内術後・口腔内に傷や炎症があるとき
参考:アナフィラキシー増悪因子(注意すべき要因)
花粉飛散期・急性感染症・精神的ストレス・月経前・運動・旅行など非日常的な行動

 

●舌下免疫療法について (スギ・ダニ)

これまで春の花粉症を起こすスギに対するシダトレンのみを行っておりました。
この度、ダニ抗原に対する舌下免疫療法も開始いたしました。
ダニ抗原は、通年性のアレルギー症状を引き起こします。
5歳から64歳までの方に行うことができます。

 

●舌下免疫療法について

①花粉症や通年性のアレルギー性鼻炎などアレルギー疾患をお持ちの方で、原因がスギの方とダニの方には、それぞれに対する舌下免疫療法があります。

②年齢:5歳以上、64歳までの方が受けることができます。

③治療開始時期
スギ:花粉が飛んでいない時期でなくてはならないため、当院では6月以降12月までです。
ダニ:一年中いつでも開始可能です。

④治療の流れ
1)初回投薬は医師の監督下で行い、かつ、投薬後30分間は院内で待機する必要があります。
2)投薬量を増やしてゆく時期があり⇒毎日同じ量(維持量)を継続する時期(維持期)に移ります
3)維持期には、1か月に1回の診察が必要です。
4)一旦治療を開始したなら、シーズンにかかわりなく、症状のあるなしにかかわらず、一年中毎日内服を継続する必要があります。
5)治療の継続は、少なくとも3年以上が必要です。

⑤注意
1)治療開始にあたっては、血液検査などでスギやダニのアレルギーであることの確認証明が必要です。
2)治療を受けられない方もおられます
重症喘息そのほか治療を受けられない方もおられます。⇒一覧表をご参照ください。
3)効果を保証するものではありません。
治療開始後早期に治療効果を実感できる方がおられる一方で、3年以上治療を継続したけれども結局効果がなかった。という方もおられます。
効果が得られるのかどうかをあらかじめ知ることはできません。
4)中断した場合
維持量を中断した場合、中断期間などによっては、また初めから(医師の監督下に置いて初回投薬⇒増量期⇒維持期)やり直さなくてはなりません。